ダイビング

ダイビング中の死ぬほど痛い耳抜き出来ない時  。゚(゚´Д`゚)゚。

先日のことです風邪気味ながらもダイビングして来たのですが普段なら簡単にできる耳抜きが今日に限って全く出来ない何回浅いところを行ったり来たり繰り返しても出来ない(つД`)ノ ついには無理矢理やって『バリッ!!!』と音がなり耳抜き出来るようになりましたが、陸上に上がっても暫くズキズキ痛みました(T ^ T)なので皆さんには注意して欲しい事など諸々書いていきます。

まず人によっては耳抜きしたことのない人もいますので耳抜きする前の条件から、ちなみにそれ以外の場合はほとんど必要ないです。

さて皆さん飛行機や登山など高い場所またはトンネルや新幹線を使用したときに耳が押されて痛いとか声が聞こえづらいなんて感覚とかありませんか? それが耳抜き前の条件です。

耳抜きのやり方

一つ目の耳抜き方法

1 鼻をつまみます

2 口から息を吸い口を閉じて耳に息を送るようにします。※この時に力を入れすぎずにゆっくり優しく息を送ってく下さい。

3 耳の内側から押す感覚があれば大丈夫です※状況によっては痛みがある場合があります

3’  無理しないことが一番なので無理な時は暫くやめて下さい。

二つ目の耳抜き方法

・唾を飲み込む(私は苦手なのでやらないです)

なぜダイビング中に耳抜きの必要があるのか?

・ダイビングをする際に海に潜り続けると少しずつ圧力が皆さんの体全体にかかってきます。そして耳にもかかってくるので、耳抜きをしてあげます。

・万が一耳抜き出来ないで続けて潜る場合、酷いと中耳腔が内出血したり、鼓膜が破れたりする可能性があります。

耳抜きのコツ

・潜る前にガムを噛んでおく※もちろんガムは捨ててから潜ります

・ちょっと進むだけでも耳抜き

・出来ない時は潔く少し戻るまたは耳の後ろをマッサージする

・潜行直前に耳抜きしておくと耳抜きしやすくなります。

結論

100%耳抜き出来る方法はないと思いますので無理な場合は中止してださい。以上死ぬかとかと思った経験でした。ちなみに練習すればコツはつかめます!


【メール便対応】MURAKAMI オトヴェント OTOVENT 耳抜き練習【バルーン5つ】
  このエントリーをはてなブックマークに追加

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。